まずは美大のランクを知って対策を考える

傾向と対策のために通う

専攻に必要な課題

美大の受験科目にはデッサンが必ずありますが、その他に各専攻の学科により必要な課題があります。
油絵や造形など専攻したい学科により課題が異なります。
塾でこの課題についてアドバイスを貰ったり、情報を手に入れやすくなるのがメリットです。

道具の扱い方などの基礎的な内容から学ぶ事が可能になります。
自分では気がつきにくい癖や、間違った方法画塾に通う事で治る場合があるからです。
どのような課題をこなすのが良いのか、そして必要なのか専門のコースだと明確になります。
詳しい情報が学校だけではわかりにくい場合に、塾を利用するのは良い方法です。
専攻したい学科に合ったコースがあるか通学する前に調べたり体験入学をしましょう。

美大の元教師が在籍

美大受験に特化した塾には、元教師が在籍して教えている事が多いです。
それぞれの美大が求める基準や必要な要素の情報を知る事が出来ます。
理由としては元教師が塾の講師をしているので、何を大学が求めているか良く理解しているからです。

それぞれの大学により受験性に求める特徴があります。
同じように実技があっても、その点数や時間配分が異なるのが特徴です。
どの課題に対しての点数配分が高いのかわかる事で、より合格しやすくなります。
実際に教壇に立っていた教師が指導する事で、比較的に短期間で実力が付く場合があるでしょう。
個性が際立つこれらの大学に合格するには、それらに必要な個別の課題に取り組むことが大事なポイントです。


シェアする

B!